10月 スクール日記 Part2 YAGP2020

2019.10.30 Wednesday

0


    10月は毎年恒例のハロウィンくじ引き大会です(╹◡╹)


    今年も沢山の景品、ハズレなし




    みんな楽しんでくれましたー!!








    みんなとっても可愛かった♡








    そして、10月ラストはYAGPコンクール☆


    誰でも出られるわけではないコンクールであり、日本で1番レベルの高いコンクール。


    それぞれがYAGPに向けて練習を重ねて来ました。



    今年はYAGP初メンバー3人、美優、望沙、美海と、

    2度目出場の結、麻友の5人で大阪へ☆





    3人が決選に☆


    1週間、

    毎日クラシックワークショップやコンテンポラリークラス、審査、スカラシップクラスなど沢山の経験をして学ぶことが沢山だったと思います。



    ただ行くだけでは意味はない。

    思い出だけを作りに大阪まで連れて行ったわけでもない。


    あの場に立った経験。

    あの場で感じた事。


    しっかりと自分の胸に

    それぞれが留めておいて欲しいと願います。









    結果


    プリコンペティブ部門


    ファイナリスト 中島望沙 


    ●カナダ アルバータバレエスクール短期スカラシップ 中島望沙





    ジュニア部門


    ファイナリスト  三宅麻友  中澤 結


    ●カナダ アルバータバレエスクール短期スカラシップ 三宅麻友




    コンテンポラリー ジュニア部門

    TOP12 中澤 結





    YAGPの決選‥

    出場者たちの気迫の演技に観ていて何度も鳥肌が立ちました。


    またこの場に生徒が立てている事‥

    感動しました。


    それぞれが一生懸命に向き合った舞台。


    今ある力は出し切れたし、よく頑張ってくれたと思います。




    ‥が、まだまだこれからです!!





    帰りにお迎えに来てくれたお母様たちとみんなで品川駅で気付いたら50分の話し合い^^;


    私の思いを話し、

    生徒たちも1人ずつ話し、

    お母様の中でも何人か思いを告げてくれました。


    みんなの素直な気持ちを聞けました。


    お母様たちにそれぞれ感謝の「ありがとう」も言えました。



    それぞれ難しい年頃でもあるけれど、

    バレエはその人の心が出る。


    品川駅で皆んなにも言いましたが、

    とくにYAGPなどの長いコンクールでは、ワークショップやスカラクラスなど様々な場所でその子の本質を見られています。


    反抗期反抗期と言って、

    素直な気持ちがない子は‥

    審査員の方々にすぐ見極められてしまいます。



    今の自分にとって、


    何が一番大切か。


    何を一番得たいか。



    よーく考えられる自分になって欲しいと思います。




    ご父兄の皆様、

    YAGP参加という子供たちの成長の場を与えて下さった事…。

    心より感謝いたします。





    奈美先生、加未先生、

    留守中のクラスレッスン、ありがとうございました。




    スクールのみんなも応援してくれていたと聞きました♪

    みんなありがとう!!





    スクールの日常は

    徳永由貴バレエスクール公式インスタグラムをご覧ください♪




    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL